*タンジェリンの効果効能

 

        Tangerine        

学名   Citrus reticulata(キトルス レティクラタ)

科名   ミカン科

抽出法  圧搾法

抽出部位 果皮

産地   アメリカ

主成分      リモネン、シトロネロール、リナロール、シトラール、カジネン

 

 

 

ノート/ブレンドファクター/色

トップ /     / 黄色

 

 

香りの特徴

甘くて軽めのオレンジの香り

 

 

主な特性

強壮作用、健胃作用、細胞成長促進作用

消毒作用、鎭痙作用

鎮静作用、皮膚軟化作用

 

 

禁忌

光毒性があるので、塗布後12時間は日光に当たらない。

 

 ものすごーく、控えめな香りです。オレンジスイートよりも柔らかい感じで、香りが本当に弱いので、芳香浴をしていてもすぐに飛んでしまう感じです。

 

マンダリンと同じ果物ですが収穫時期が遅く、果皮はオレンジ色をしています。香りはマンダリンよりもさらに柔らかく、控えめです。マンダリンには種子がありますがタンジェリンにはありません。

 

同じオレンジ系の香りの強さからいうと、

オレンジビター>オレンジスイート>マンダリン>タンジェリン

という順序でしょうか。(あくまでも私個人の感想ですが)

 

原産地は中国ですが、今ではアメリカで生産されています。

 

 

 催眠性があり、ストレスと緊張を和らげます。効能はオレンジスイートと似ており、消化器系に力を発揮します。胃腸の不快症状全般に効果的です。

 

 胆汁の流出を促進し、脂肪の消化作用を助けます。

 

 妊娠線を目立たなくしたり、血液に活力を与え、青ざめた肌に元気を取り戻させてくれます。

 

<スポンサードリンク>