*ネロリ*

 

        Neroli        

学名    Citrus aurantium

科名    ミカン科

抽出法   水蒸気蒸留法 / 冷浸法

抽出部位  花

産地    イタリア、フランス、モロッコ、チュニジア、ポルトガル

      エジプト、コモロ、スペイン

主成分   リナロール、リモネン、酢酸リナリル、ネロール

      ネロリドール、ゲラニオール       

 

 

ノート/ブレンドファクター/

 

 トップ〜ミドル / 2

 

香りの特徴

 オレンジのようなフローラルな香り

 

主な特性

 鎮静作用

 (こころを和らげ、リラックスさせる、不眠症、不安症)

 下痢、血液循環

 細胞の成長促進

 (乾燥肌、敏感肌、衰え始めた肌、妊娠線の予防)

 

禁忌

 催眠性があるので、車の運転など集中力が必要なときは使用を控える

 

 

*古くから女性に愛されて来た香り*

 

 名前の由来となったネロラ公国のアンナ・マリア妃は、手袋や文房具、スカーフに至るまで、あらゆるものにネロリの香りをつけたそうです。なんて贅沢なんでしょうね。うらやましいです。オレンジの花は長い間、純血を象徴するとともに、愛を確保するために結婚式の頭飾りやブーケに使用されてきました。一方で、ネロリは娼婦がつけた香りでもあります。身分に関係なく、すべての女性たちに古くから愛されてきた香りなんですね。

 

 

 神経を鎮めて気持ちを落ち着かせる効果は大ですし、スキンケアや香水作りにも欠かせません。

 オレンジの花びらは中国では化粧品として使われていましたし、イギリスではビクトリア朝時代にオーで頃のの成分として使われていました。

 年齢を感じ始めたお肌にはローションやクリームがおすすめ。妊娠線の予防にも適しています。なによりも、たった1滴でとっても幸せな気分になれる素晴らしい精油です。特に、オレンジスイートとのブレンドがおすすめです♪私はこのブレンドを”幸せブレンド”と読んでいます。レシピはこちらに→「トリートメント

 

〜こころへの作用〜

 

 不安感や絶望感を和らげ、こころに安定と幸福感をもたらしてくれます。ストレスへの対応が苦手な人は、怒りや嫌悪感といったマイナス感情を抑圧しがち。たまった感情は無意識のうちに自分の中で絶望感へと変わってしまいます。

 そのようなときに助けてくれるのがネロリ。抑圧された感情を解放し、こころの安定と強さを取り戻します。

 

 抑鬱的な気分、慢性的な不安などを感じているときには、それを軽減させてくれます。それらの症状から来る不眠に効果的。交感神経を落ち着かせて、気分を鎮めてくれますよ。

 

 高価だけれど、欠かせない精油の一つです。

 

 

〜オススメのブレンド〜

 オレンジスイート(一番のおすすめ!)、サンダルウッド、ゼラニウム、ローズ、

 ジャスミン、イランイラン、ベルガモット、プチグレン、ラベンダー、ローズマリーなど。