*ベチバー*

 

        Vetiver        

学名   Vetiveria zizanioides

科名   イネ科

抽出法  水蒸気蒸留法

抽出部位 根茎

産地   インド、タヒチ、ジャワ、インドネシア、ハイチ、エルサルバドル

     中国、南アメリカ、フランス

主成分      ベチベロール、ベチボン、ベチベロン、ベチベン

 

ノート/ブレンドファクター

 ベース / 1〜2

 

香りの特徴

 土を連想させる、煙臭く深い独特の香り

 

主な特性

 血液循環の活性化

 (筋肉痛、疲労回復)

 スキンケア

 (老化肌、乾燥肌、ニキビ肌)

 鎮静作用

 

 

 深いリラックス効果で「静寂の精油」「安静の精油」と呼ばれています。同じ「土」を連想させるパチュリよりももっとスモーキーな香りだと思います。香水の大切な原料となっており、濃厚で強いベースノートはオリエンタル調の香水の保留剤となります。

 

 インドの家庭ではブラインドや日よけの材料として使われ、日除けに水が撒かれると、その水が蒸発する時や風が通る時に涼しげな香りが漂います。この芳しい香りは、虫除けにもなるため、インドからジャワ島までの女性たちはベチバーのうちわを愛用しているそうです。

 

 

 中枢神経系のバランスを取り、ストレスや緊張を緩和させる働きがあります。陰を補う作用により食欲不振や体重の減少、吸収障害によいとされます。血流量を増加させるところから、各種の筋肉痛を和らげます。

 

 パチュリと同様、「土」を連想させるベチバーの深い香りは不安定な心に栄養を与え、元気づけてくれます。