*ミルラ*

 

        Myrrh        

学名   Commiphora myrrha

     Commiphora abyssinica

科名   カンラン科

抽出法  水蒸気蒸留法

抽出部位 樹脂

産地   中東、エジプト、ソマリア、モロッコ、エチオピア、エリトリア

主成分      クミンアルデヒド、シナミックアルデヒド、リモネン、α-ピネン

     オイゲノール

 

 

ノート/ブレンドファクター

 ベース / 1〜2

 

香りの特徴

 ムスクに似た強い香り

 

主な特性

 こころを明るく高める作用

 (気力が衰えた時、無気力になった時)

 子宮強壮作用

 刺激作用

 抗菌作用

 健胃作用

 

 

禁忌

 妊娠中の使用は避けます

 

 古代から珍重され、その殺菌作用からミイラ作りにも使われました。幼子イエスの捧げものとして、乳香とともに聖書にも登場しますが、キリスト誕生の贈り物として献上されただけでなく、その死に際して捧げられた供物でもあります。

 

 中近東と地中海沿岸では、約4000年にわたって使用されてきた、芳香物質の草分けの一つです。古代エジプト人は「プント」あるいは「ファン」と呼び、弔いのハーブとしても大切にされ、葬式用の香として焚かれました。ミルラという名前は「ミイラ」の語源となったと言われています。また、古代ヘブライ人は、ワインとともにこれを飲み、宗教儀式を催す意識を高めるのに利用しました。

 

 気分を落ち着かせ、精神を研ぎすますので、考え過ぎや不安、注意散漫に効果的です。

 

 女性の不調(少量月経、白帯下、カンジダ性膣炎など)に有効であり、また、喉頭炎、気管支炎などに効果があり、咳を鎮め痰を切ります。ユーカリ、ティートゥリー、パインなどのブレンドがよいでしょう。