*ローズオットー*

 

        Rose        

学名   Rosa damascena

科名   バラ科

抽出法  水蒸気蒸留法

抽出部位 花

産地   ブルガリア、モロッコ、トルコ

主成分      ゲラニオール、シトロネロール、フェニルエチルアルコール

     ネロール、酢酸ゲラニル、ダマスコン(特徴成分)

 

 

ノート/ブレンドファクター

 ベース / 1〜3

 

香りの特徴

 バラの甘い香り

 

主な特性

 緩和作用

 (神経のストレス、緊張、情緒を和らげる)

 女性の痛みに

 (月経前緊張症、月経痛、陣痛を和らげる)

 スキンケア

  皮膚弾力回復作用、収斂作用

 (どんな肌質でも引き締め、キメを整え、張りを持たせ、炎症を鎮める)

 ※特に、乾燥肌、老化肌、硬化肌、敏感肌にむいている

  中東原産のダマスクローズですが、現在最も精油が取れるのはブルガリア産のダマスクローズです。

 たくさんの花からわずかしか取れない、大変高価な精油で、低温(13度以下)で固まる性質があります。手でビンを温めれば液体に戻ります。精油は薄い茶色をしています。

 

 

 スキンケアや女性の不調に最適な精油の一つです。皮膚の炎症や乾燥があったり、吹き出物やおできに効果的。ローズウォーターは敏感な乾燥肌をいたわり、整える作用があります。クリームやローションにもおすすめです。乾燥肌の私は、ローズウォーターを愛用しています。メイクの上からも使えるので、いつも持ち歩いています。

 

 月経不順、月経痛にもよく、ローズの子宮強壮作用は収斂作用と止血作用とともに働き、月経過多症によく、サイプレスやゼラニウムとブレンドするとよいでしょう。