TOPAromatherapyAroma:Essential oil guide>イランイラン

*イランイラン*

 

        Ylang Ylang        

学名    Cananga odorata(カナンガ オドラタ)

科名    バンレイシ科

抽出法   水蒸気蒸留法

抽出部位  花

産地    フィリピン、ジャワ、マダガスカル、コモロ、セイシェル、

      インドネシア、南洋諸島

主成分        酢酸ベンジル、リナロール、クレシルエチルメーテル、

      ゲラニオール                                           

 

 

ノート/ブレンドファクター/色

ミドル〜ベース/4/淡黄色

 

 

香りの特徴

 とにかく濃厚です。濃い〜甘〜い花の香り。

 エクゾチックな南国を感じさせるあたたかみのある香り。

 

 

主な特性

 ストレスやイライラを鎮める

 過呼吸や過度に早い心拍をスローダウンさせる

 皮脂のバランスを整える

 殺菌・消毒作用

 催淫作用

 

 

禁忌

 敏感肌の人や、妊娠初期は使用を避けること

 

<スポンサードリンク>


濃厚な南国の花の香り

 

 「貧乏人のジャスミン」と呼ばれてきたイランイランは、タガログ語の「アランイラン(花々の中の花)」が語源だけあって、フローラル系の精油の中で最も濃厚な香りです。好き嫌いのわかれる香りかもしれません。私も最初は苦手でしたが、柑橘系の精油とブレンドすることで、使いやすくなりました。

 

 一度、東京・調布の神代植物公園の温室で咲いている花を見ましたが、黄色のとても美しい花でした。花自体からは、あんなに濃厚な香りは漂ってなかったですけどね。

 

 別名を「パフュームツリー」というイランイランは香料の木としても有名で、精油はココナッツオイルと混ぜて整髪料としても使われてきました。頭皮を健やかに整え、髪の成長を促して脱毛を予防するので、無香料のシャンプーやリンスに入れて使うのもおすすめです。少しぱさついた髪にはココナッツオイルなどに混ぜてヘアパックをしてみてはいかがでしょう。

 皮脂のバランスを整えるので、脂性肌、乾燥肌、両方によい精油です。ローションやトリートメントオイルに使えば保湿効果大です。

 

 

 イランイランの薬効を最初に認めたのは、ガルニエとレシュレというフランスの化学者で、レユニオン諸島での調査中にマラリアや腸チフス、腸管の感染症に効果があるイランイランに出会い、心臓を鎮静させることも発見しました。

 

 子宮の強壮剤になるとともに、生殖器系に結びついたいろいろな障害に役立ちます。インドネシアでは、新婚カップルのベッドにイランイランの花びらをまく風習もあるらしいです。

 

こころへの作用

 エステル類(酢酸ベンジルなど)を多く含んでいますので、リラックス作用や抗鬱作用があります。落ち込んで元気が出ないとき、少し開放的な気分になりたい時などに使ってみるといいでしょう。

 柑橘系の香りとブレンドすると相性がよいです。


 とても濃厚な香りですから、好みがはっきりと分かれる精油です。嗅いでみて、あまり好きではないなと思ったらいくらリラックス作用があるといってもその効果は期待できません。ただ、他の精油とブレンドすることで香りの印象も変わってきます。色々ブレンドを試してみるのもいいですね。