*フェンネルの効果効能

 

        Fennel        

学名    Foeniculum vulgare(フォエニクルム ウルガレ)

科名    セリ科

抽出法   水蒸気蒸留法

抽出部位  花と茎葉

産地    フランス、ハンガリー

主成分   trans-アネトール、チャビコールメチルエーテル、フェンコン、

      α-フェランドレン                                          

 

 

ノート / ブレンドファクター / 色

 ミドル /    / 無色

 

香りの特徴

 甘くスパイシーな香り

 

主な特性

 健胃作用

 食欲増進作用

 エストロゲン様作用

 駆風作用

 消化促進作用

 催乳作用

 精神活性作用

 鎮痛作用

 鎮痙攣作用

 呼吸器強壮作用

 抗炎症作用

 

禁忌

 妊産婦、授乳中の女性は使用しない。

 ケトン類を含むので、乳幼児には使用しない。

 

 

 ウイキョウとも呼ばれるこのハーブは、古くから漢方としても利用されており、ヨーロッパでは魚料理や肉料理にも使われています(どちらかというと魚料理に合うようです)。見た目はディルに似ています(ディルはヒメウイキョウとも呼ばれます)。

 

 

◆からだへの作用*

 

 からだに対する働きとしては、まずtrans-アネトールのエストロゲン様作用でしょう。鎭痙攣作用、通経作用などもあわせて、月経痛、月経困難症、PMS(月経前緊張症)に力を発揮してくれます。月経にまつわることだけでなく、更年期障害の様々な不快症状を和らげます。また、α-フェランドレンの鎮咳作用により咳を鎮め、去痰剤として風邪の諸処状を緩和します。


 また、胃腸に対して素晴らしいチカラを発揮します。胃の調子を整え、食欲を増進させます。ガスがたまっておなかが張っている時にもいいでしょう。

 


◆心への作用*

心に対しては、甘くスパイシーな香りが勇気を授けてくれます。もっとパワーが欲しいとき、自分を勇気づけたい時などに使ってみて下さい。さあ、がんばろう!という気持ちになれると思います。

 

<スポンサードリンク>

Welcome!

 

 

 

 

 

∴ LAST UPDATE

 2017/9/25

 エッセンシャルオイルガイドに「シダー」を追加しました。

 

メルマガ登録・解除
もっと楽しむ!メディカルアロマテラピー~上手にセルフケア
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ