*カモミールローマンの効果効能

 

        Roman Chamomile        

学名    Anthemis nobilis、Chamaemeleum nobilis

科名    キク科

抽出法   水蒸気蒸留法

抽出部位  花

産地    ドイツ、フランス、モロッコ、南アメリカ、南アフリカ、イギリス

主成分          アンゲリカ酸エステル、アズレン        

 

 

ノート/ブレンドファクター

 トップ / 1

 

香りの特徴

 リンゴのようなフルーティで甘い香り

 

主な特性

 リラックス作用

 不眠症

 鎮痛作用

 (頭痛、歯痛、筋肉痛など)

 生理痛・生理不順・更年期障害

 にきび、やけど、虫さされ

 

禁忌

 妊娠中、また、キク科アレルギーの場合、使用は避けます

<スポンサードリンク>


◆学名に注意!

 

ほのかにリンゴのような甘い香りのするとても高価な精油です。カモミールという名は、「大地のリンゴ」を意味するギリシャ語の「kamai」と「melon」に由来しています。

 

学名は2つありますが、試験に出るのは「Anthemis nobilis」ですね。むしろ、カモミール・ジャーマンの学名と間違えないように注意が必要です。

 

◆お茶はジャーマン、精油はローマン

 

カモミールというとハーブティーでおなじみですね。

 

お茶として飲まれているのはカモミール・ジャーマン、精油で使い勝手がいいのはカモミール・ローマンです。

 

ローマンはお茶にすると苦くて美味しくないそうですね。私は試したことはないのですが。

 

香りは、断然ローマンの方がいいです。メディカルアロマ的にも有用なのはローマンです。精油として使うならローマンの方がおすすめです。

 

◆髪に良いメディカルアロマ

 

髪を美しくするため、シャンプーの原料としても使われています。「カミツレ」という和名もあり、日本でも古くからおなじみのハーブですね。

 

●カモミールのヘアオイル

 

髪のツヤを良くするために、オイルにカモミールを加えてみましょう。

 

椿油小さじ1に対してカモミール・ローマンを1滴の割合で混ぜてみます。洗髪後にドライヤーをかける時や、朝ブローをする前にも毛先にほんの少しつけると、髪を熱から守ってくれます。

 

◆かゆみどめにも

 

肌が乾燥してかゆい時など、カモミールを塗るとスーッとかゆみが引いていくんです。私は、肌がかゆくなる冬には、かゆみ止めジェルを常備しています。

 

●かゆみ止めジェル

 

ラベンダーとのブレンドで、肌にも優しいかゆみ止めジェルができます。

 

<材料>

  • 水溶性ジェル 小さじ1
  • カモミール・ローマン精油 1滴
  • ラベンダー・アングスティフォリア精油 1滴

この割合で混ぜます。多めに作りたい時には分量を増やしてみてください。

 

旅行の時などに使う小さなクリーム容器に作っておくと、化粧ポーチなどに入れることも出来て便利です。

 

◆心を穏やかにする、鎮静効果にすぐれた精油

甘くやさしい香りは、心を落ち着けてリラックスさせてくれる作用に優れています。小さなお子さんにも使えるので、ちょっと疲れて寝つきが悪いかな?という時に使ってみてください。

 

1滴ティッシュにたらして枕元に置いてあげると、ぐっすり眠れるでしょう。

 

 

 病気の植物の近くに植えると植物が健康を取り戻すことから、「植物のお医者さん」と呼ばれていますが、カモミールが力を発揮するのは植物に対してだけではありません。鎭痙作用、鎮痛作用、駆風作用に優れ、子どもから大人まで幅広い年齢層で使える穏やかな精油です。

 

 

<スポンサードリンク>

Welcome!

 

 

 

 

 

∴ LAST UPDATE

 2017/9/25

 エッセンシャルオイルガイドに「シダー」を追加しました。

 

メルマガ登録・解除
もっと楽しむ!メディカルアロマテラピー~上手にセルフケア
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ