*ウィンターグリーンの効果効能

 

        Winter green        

学名    Gaultheria procumbens(ガウルテリア プロクムベンス)

科名    ツツジ科

抽出法   水蒸気蒸留法

抽出部位  葉

産地    カナダ、中国など

主成分   サリチル酸メチル                   

 

ノート/ブレンドファクター/色

ミドル〜ベース/ /無色

 

 

香りの特徴

 まさにサロンパスの香り。すーっとした、湿布のような香りです。

 

主な特性

 

 抗炎症作用

 鎮痛作用

 鎮痙攣(ちんけいれん)作用

 抗リウマチ作用

 創傷治癒作用

 誘眠作用

 肝臓刺激作用

 肩り、腰痛

 関節炎

 高血圧症

 頭痛

 

禁忌

 アスピリンアレルギーの人は使わないこと。

 敏感肌の人は濃度を薄め(20%以下)にして使うこと。

 

<スポンサードリンク>


◆湿布の香りがするメディカルアロマ

アロマテラピーというと、良い香りを嗅いでリラックスするもの、と思っている方が多いと思いますが、メディカルアロマの中にはリラクゼーションというよりは薬のようにして使うものもたくさんあるんです。

 

ウィンターグリーンはまさにそんな精油です。

 

主成分は「サリチル酸メチル」という成分で、湿布に含まれている炎症を抑える成分です。

 

痛みを抑える働きもあるので、まさに湿布のようにして使うことが出来るんです。

 

湿布の香りなんてどうなの?と思うかもしれませんが、私がメディカルアロマの講師をしている時は、生徒さんの20人に1人くらいはこの香りがたまらなく好き、という方がいましたよ。

 

湿布の香りは皆さん知っているので、思ったほどは気にならないようですね。

 

また、天然の香りは蒸発しやすいので、湿布代わりに塗ってもいつまでも香りが残っている、ということもありません。

 

家に出る前に塗ってもすぐに香りは飛んでしまうので、会社について「何だか湿布臭いよね」なんて周りの人に気づかれることもないでしょう。

 

◆肩こりや腰痛に

身体の痛み全般に使えますが、まさに湿布のような使い方が出来るアロマです。

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 筋肉痛
  • 打ち身
  • 捻挫
  • 神経痛

など、幅広い痛みに有効です。

 

私は敏感肌で肌が弱いため、湿布を貼ることが出来ません。一晩貼ったら真っ赤になって痒くなってしまうからです。

 

ですから、肩こりはもちろん、どこかにぶつけてしまった時なども湿布が貼れずに困っていました。

 

 

そんな時にウィンターグリーンに出逢い、肌への刺激はどうかなと思って塗ってみましたが、全く問題ありませんでした。

 

●肩こりジェル

 

 

肩こりや腰痛など、痛みが気になるところに塗ると、まさに湿布を貼ったようにスーッとします。

 

ただ、ウィンターグリーンだけだと本当に湿布のようになってしまうので、他のアロマもブレンドしていきます。

 

<材料>

これを混ぜてブレンドジェルを作ります。肩こりだけでなく、色々な痛みに使ってみてください。

 

◆元気が欲しい時に

クリアな香りは、気持ちをしゃきっとさせ、集中力を増すのに役立ちます。

 

少しやる気を失っている時や元気が欲しい時に芳香浴に使ってみましょう。

 

柑橘系や樹木系の香りと合わせるといいでしょう。

 

<相性の良い香り>


<スポンサードリンク>