*アカマツ・ヨーロッパの効果効能、使い方

2019.9.18更新

極度のストレスで心身ともに疲労困ぱいしている時に使って欲しい精油です。

 

疲れすぎて眠れない、心が休まらない。

 

そんな時はアカマツ・ヨーロッパの出番!

 

 

        Akamatsu europe        

学名    Pinus sylvestris(ピヌス シルシルウェストリスリス)

科名    マツ科

抽出法   水蒸気蒸留法

抽出部位  針葉

産地    フランス、スロベニア、クロアチア、リトアニア、ブルガリア

主成分   α-ピネン、リモネン、β-ピネン、β-ミルセン

 

 

ノート/ブレンドファクター/色

トップ/   /無色透明

 

 

香りの特徴

 クリアでスッキリした香り

 

 

主な特性

  • ホルモン様作用
  • コーチゾン様作用
  • 鎮痛作用
  • 去痰作用
  • 発赤作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • リンパ鬱滞除去作用

 

禁忌

 特になし。

 

<スポンサードリンク>


◆アカマツ・ヨーロッパの特徴

寒い地方に生息する、針葉樹です。

 

大きいものは、高さが30メートル以上にもなるそうです。

 

オウシュウアカマツ、スコッチパインと表記されている場合もあります。

 

木部から採れる精油もあるのですが、あまり質が良くないのでアロマテラピーでは使いません。

 

必ず抽出部位を確認し、「針葉」となっているものを使うようにしてください。

 

◆極度の疲労に

アカマツ・ヨーロッパには、「コーチゾン様作用」という働きがあります。

 

私たちがストレスを感じると、コーチゾン(コルチコイド)というホルモンが出てストレスに対抗しようとするのですが、これと似た働きをするんですね。

 

ですから極度に疲れたとき、ストレスがどうしようもない時に使って欲しいアロマです。

 

●アロマバスでリラックス

疲れたときはやっぱりお風呂。

 

湯船につかってリラックスすれば、心身の疲れも取れると思います。

 

◆アロマバスソルト

  • 天然塩 大さじ2〜3
  • アカマツ・ヨーロッパ 2滴
  • 好きな香り 2滴

アカマツ・ヨーロッパをベースに、好きな香りをプラスしてみましょう。

 

香りのタイプでいうと、ユーカリ・ラディアタローズマリー・シネオールなど、同じスッキリ系の香りが合いますね。

 

また、リラックスしたいなと思ったら、ラベンダーイランイランなどの甘めの香りでもOKです。

 

◆風邪気味の時

抗菌作用があって気管支炎や咳などの風邪の諸症状にも良いとされています。

 

芳香浴やアロマスプレーでお部屋の空気を浄化して、風邪をそれ以上ひどくしないようにしたいものです。

 

●風邪予防のアロマスプレー

針葉樹のクリアな香りで喉も鼻もスッキリです。

 

  • 無水エタノール 5ml
  • アカマツ・ヨーロッパ 10滴
  • レモン 10滴
  • 精製水 95ml

<作り方>

  1. スプレーボトルに無水エタノールを入れて、精油を加えます。
  2. よく振ってから精製水を入れます。

朝起きた時とか、帰宅した時にシュッシュとスプレーしてみてください。

 

 

◆気分をリフレッシュしたい時

すごくスッキリした香りなので、気分をリフレッシュしたい!という時にとてもおすすめです。

 

芳香浴で楽しむか、仕事中などはティッシュかハンカチに1滴たらして嗅いでみるというのもおすすめですよ。

 

◆おすすめのアカマツ・ヨーロッパ

アカマツ・ヨーロッパを取り扱っているメーカーはあんまり多くないんですよ。

 

やっぱりプラナロムか、フロリハナですね。