スペアミントの効果効能、使い方

2020/11/20 更新

 

        Spear mint        

学名:Mentha spicata(メンタ スピカタ)

科名:シソ科

抽出法:水蒸気蒸留法

抽出部位:葉

産地:イギリス、フランス、インド、アメリカ

主成分:リモネン、ミルセン、カリオフィレン、フェランドレン、1.8-シネオールなど

 

 

ノート/ブレンドファクター

 トップ / 3

 

香りの特徴

 甘みのあるすっきりとしたミントの香り

 

主な特性

  • 鎮痛作用
  • 殺虫作用
  • 月経痛の緩和
  • 鎮痙攣作用
  • 消化促進作用
  • 便秘の改善

 

禁忌

 妊娠中の使用は避ける

 敏感肌の人は気をつける

 

1.スペアミントの特徴

甘さのあるクリアな香りが特徴のスペアミント。

 

ペパーミントと同じ、ミントの仲間ではありますが、ペパーミントのようなピリッとしたクリアな香りではなくて、もっと優しい、甘みのあるミントの香りです。

 

ミントですが、特徴成分であるメントールが入っていないので、ミント独特のスースー感がありません。

 

リラックスできる香りなので、夜に使うのもおすすめ。

 

「スペア」とは「槍(やり)」という意味ですが、これはスペアミントの葉っぱの形から来ています。

 

ペパーミントと違い、葉っぱの先が尖っているので、このような名前がつきました。

 

中世ではすでに、口の中の衛生を保つものとして使われていたスペアミント。

 

口の中がすっきりすると気持ちがいいのは、いつの時代でも同じようです。

 


2.スペアミントは消化器系の不調に

スペアミントは、お腹の調子が悪い時に使うと良いです。

  • 便秘
  • 下痢
  • 鼓腸
  • 嘔吐

などの症状がある時にお腹に塗って、マッサージしてみます。

 

もしくは芳香浴もあり。

2-1.吐き気どめに

スペアミントの香りが好きなら、乗り物酔いなど吐き気を感じる時に嗅いでみてください。

 

気分がすっきりするかもしれません。

 

ただし、体調が悪い時には、普段好きな香りでも良い香りだと感じないことがあります。

 

かえって気分が悪くなることもあるので、少しだけ嗅いで、様子を見ながら芳香浴をしてください。

 


2-2.スペアミントのマッサージジェル

水溶性ジェルに入れて、マッサージをしてみます。

  • 水溶性ジェル:小さじ1
  • スペアミント 1滴
  • コリアンダー 1滴

ジェルの方が浸透が良いですが、オイルでもOK。

 

オイルは、ホホバオイルオリーブオイルなど、お好きなものを使ってください。

 

便秘の時には、仰向けになって、膝を立て、やや強めにおへその周りを時計回りにマッサージしてみてください。

 

200回くらいぐるぐるマッサージしていると、腸が動いてくる気配がします。

 

3.スペアミントで夜のリラックスタイム

ミントというと、朝の爽やかなイメージがあるかもしれないですが、スペアミントは優しい香りなので、夜使うのにもおすすめです。

3-1.スペアミントのアロマバスソルト

アロマバスソルトは、リラックスしたい時にぴったり。

 

スペアミントの優しい香りで、頭をリフレッシュしつつ、気持ちもリラックしします。

 

今日は忙しかった!疲れた!という時に、ぜひ使ってみてください。

これをよく混ぜて、湯船に入れましょう。

 



3-2.寝る前に、スペアミントを枕元に置く

スペアミントを1滴ティッシュに垂らして、枕元に置いてみましょう。

 

寝る時には香りが強すぎない方がいいので、1滴でも十分です。

 

4.スペアミントと相性の良い精油

  • グレープフルーツ
  • ローズマリー
  • ローズウッド
  • ラベンダー

など。