*オレンジスイート*

 

        Orange Sweet        

学名    Citrus sinensis(キトルス シネンシス)

科名    ミカン科

抽出法   圧搾法

抽出部位  果皮

産地    イタリア、イスラエル、アメリカ、フランス、スペイン、

      ブラジル、オーストラリア、モロッコ、チュニジア

主成分        リモネン、シトラール、ネロール、リナロール、オクタナール、

      デカナール                           

 

 

ノート/ブレンドファクター

 トップ / 3

 

香りの特徴

 さわやかですっきりとした香り。いわゆる”みかん”とはちがう。

 

主な特性

 リラックス&リフレッシュ

 神経性の胃痛、下痢等の緩和

 不眠の改善

 胸やけ、食欲不振

 収斂作用 

 空気清浄

 

禁忌

 特になし。光毒性があるのはビターオレンジなので、スイートオレンジにはありません。

 

 ギリシャ神話の中で、女神アフロディーテに捧げられた黄金のリンゴとは、実はオレンジだったと言われています。

 

 オレンジはインドで誕生、その後中国に渡ります。学名の「sinensis」は中国という意味ですが、なんとなくアジア原産というのが不思議。フロリダとかバレンシアというイメージがあるからでしょうか。 中国からヨーロッパへ、そして新大陸へと渡ります。今ではフロリダやカリフォルニアはオレンジ油の主要な産地になっています。

 

 

 消化器系の不調を改善してくれます。精神的なストレスによる食欲不振などには芳香浴もしくは腹部のトリートメントをしてみましょう。食欲を刺激しますので、ダイエット中の人は注意です。

 

 また、気分を明るくしてくれます。抑うつ的になった時、物事にうんざりした時、エネルギーがなくなった時などに助けてくれる精油です。これはリナロールのおかげでしょうか。リフレッシュというよりはリラックスしたい時にむいていると思います。

 

 元気いっぱいになる!というよりはやさしい気持ちを取り戻す、こころ穏やかになれる精油だと思います。私が夜寝る時に使う精油の中でも頻度の高いものです。

 

 

☆ブレンド

 フローラル系とはどの精油とも相性がいいと思います。お花の香りはちょっと甘すぎる(または濃厚すぎる)と感じることが多いのですが、オレンジをブレンドすることでその甘さが和らぎ、よりやわらかな香りになる気がします。特に、ネロリとのブレンドはおすすめ!とても幸福感に包まれる香りになります


 同じ柑橘系とブレンドすると、シャープさが緩和され、やさしいスッキリ感になると思います。

 

 

☆レシピ

《芳香浴》緊張をほぐす

 オレンジ2、ラベンダー3、サンダルウッド1

 オイルウォーマーなどで楽しみます。

 

《芳香浴・2》食欲がない

 オレンジ3~4

 オイルウォーマーなどで。リラックスできる場所で香らせ、ゆっくりと呼吸しましょう。

 

《手浴・足浴》

 オレンジ2、シナモン1

 なんとなく、クリスマスっぽい香り!?

 少し熱めのお湯に5~10分、手や足をひたしてみましょう。

 

 

 

<スポンサードリンク>