*スイートマジョラム*

 

       

Sweet Marjoram

       

学名    Origanum majorana

科名    シソ科

抽出法   水蒸気蒸留法

抽出部位  葉・花の先端

産地    フランス、エジプト、スペイン、リビア、イギリス、ハンガリー

      チュニジア

主成分   テルピネン-4-オール、シス-サビネンハイドレイト、シメン

      リナロール、β-ピネン、α-ピネン

 

 

ノート/ブレンドファクター

 ミドル / 3

 

 香りの特徴

 マイルドでライトスパイシーな香り

 

主な特性

 鎮静作用

 (リラックス、不安・ストレス・緊張を鎮める、心を温める、

  孤独感や哀しみを癒す)

 血液の循環を良くする

 (筋肉痛、月経痛の緩和)

 心臓の強壮剤

 (血圧降下、頭痛、不眠症)

 

 

禁忌

 妊娠中は使用しない

 眠気を催すことがあるので長時間の使用は避ける

 

 

 古くからよく知られた薬草の一つで、古代ギリシャやローマでは新郎新婦が花の冠をつける習慣もあったそうです。現代でも、パスタ料理やソーセージ、嗅ぎタバコなど幅広く利用されているハーブです。

 

 スイートマジョラムの鎮静作用は、特に神経系を鎮めます。胸部のいろいろな感染症、気管支炎、神経性の咳、筋肉の凝りと痛み、神経性の痙攣、関節炎といった症状に適しています。血液循環をよくして、毒素排出作用もあります。これは、月経痛の緩和にもつながります。

 

 強壮とリラックスの両方に役立つ精油の一つです。こころを穏やかにし、温めると同時に、気を補い、内面を滋養する力を高めます。

 

 私は、スイートマジョラムは”冬の精油”というイメージを持っているのですが、実際、寒い時期に登場することが多いです。この精油の特性を詳しく知る前から”温かみ”を感じていて、寒い時の脚のトリートメントによく使っていました。ライムとのブレンドが好きで、マイルドな甘さにライムの苦みが加わった香りがとても好きです。ぜひ、お試しください。