*パチュリ*

 

        Patchouli        

学名   Pogostemon cablin

     Pogostemonn patchouli

科名   シソ科

抽出法  水蒸気蒸留法

抽出部位 葉

産地   インド、マレーシア、インドネシア、スマトラ、ビルマ、パラグアイ

     アメリカ、ブラジル

主成分      パチュリアルコール、パチュレン、ブルネセン

 

 

ノート/ブレンドファクター/

 

 ベース / 1

 

香りの特徴

 土臭いスモーキーな落ち着いた香り

 

主な特性

 鎮静作用

 (感情のバランスを取り、イライラによる過食を抑制する)

 抗ウィルス作用)

 収れん作用

 皮膚の細胞成長促進作用

 (創傷や手足のひび割れ、傷を治す)

 

 

 あまりメジャーな精油ではないかもしれませんが、その効能は多岐に渡り、また、深く落ち着きのある香りは一度好きになると病みつきになるかもしれません。

 

 

 アジアでは、解毒剤や防虫剤として使われてきました。蛇の噛み傷や虫さされには今でも効果的な治療薬として使用されています。

 マレーシア、中国、日本では、何世紀にも渡って伝統医療に用いられてきました。え、日本に昔からあったの?と驚きましたが、「かっ香」という和名もきちんとあるんですね。殺菌作用があるので、薫香として焚かれたり、軟膏に加えられて熱病と伝染病の蔓延予防に用いられました。感染症にかかりやすい、免疫力の低下が見られる人にもよいでしょう。

 

 

 この殺菌作用とあわせて、エモリエント作用により、皮膚疾患に幅広く用いることが出来ます。皮膚組織を再生させ、ひび割れて腫れた皮膚をよみがえらせます。湿疹、ニキビにも効果的です。

 

 

 天然の香りの保留材として最適で、香水の大切な成分となります。香水は、トップやミドルノートだけで作ると華々しい香りになりますが、パチュリのような、一見地味な香りを加えることにより、奥深さを増すのです。この精油は年月とともに香りがより芳しくなる数少ない精油の一つです。

 

 

 その葉からは想像もつかない、「土」を連想させる深く温かみのある香りです。地に足をつかせ、こころのバランスをとってくれます。考え過ぎなどで神経性のストレスを抱えた人のこころを「グラウディング」させ、安定させます。