*フランキンセンス*

 

        Frankincense        

学名    Boswellia cartelii

      Boswellia thurifera

科名    カンラン科

抽出法   水蒸気蒸留法

抽出部位  樹脂

産地    中国、中東、エチオピア、イラン、レバノン、ソマリア、エジプト

      スーダン、フランス、アラビア

主成分   α-ピネン、シメン、リモネン、ベルベノン、ツヨン

 

 

ノート/ブレンドファクター

 ミドル〜ベース / 3

 

香りの特徴

 甘くウッディーでかすかにレモンのにおいを含んだ香り

 

主な特性

 浄化作用

 (こころと体をゆったりと和ませる)

 抗菌作用

 (呼吸器、咳)

 細胞成長促進作用、収れん作用

 (しわ、たるみの改善)

 消化促進作用、消毒作用

 

 

 古代から、ペルシア、ヘブライ、バビロニア、ギリシャ、ローマなどで珍重され、宗教儀式でも用いられてきました。幼子イエスに捧げられた香りとしても有名ですが、聖書には22回登場します。
 エジプト人はこの樹脂を炭化させてコールと呼ばれる黒い粉末を作り、女性の目元を黒く縁取りました。これは、強い日差しを和らげ、虫除け効果もありました。

 

 

 また、エジプト女性は「若返りのパック」の原料として用いたことでもわかるように、衰えを感じ始めた肌に効果的です。アロマコスメなどでもクリームによく使われていますね。

 

 

 呼吸器系に対して効果を発揮します。呼吸を深くし、胸部の緊張を解消し、副鼻腔炎や喉頭炎にも有効です。

 

 

 神経系への作用も幅広く、緊張と衰弱、両方に効果的です。眠れないときやイライラして落ち着かない時、リラックスさせて活力を与えてくれます。穏やかな強壮作用を持ち、気持ちを高揚させてくれるので、こころが乱れて手に余る時は、いつでも助けになります。

 

 

 こころを鎮め、集中させる働きは、瞑想や黙想、祈りにふさわしい環境を作り、こころのおしゃべりを止め、精神を鎮めます。古代から宗教儀式に用いられ、バビロニアの神バエル、エジプトの神ラー、ギリシャの神アポロンのような太陽神に捧げられてきたフランキンセンスには、人のスピリチュアルな部分に働きかける力があるのでしょう。