*ベンゾイン*

 

        Benzoin        

学名   Styrax benzoin(スマトラ)

     Styrax tonkinensis(シャム)

科名   エゴノキ科

抽出法  溶剤抽出法/水蒸気蒸留法

抽出部位 樹脂

産地   スマトラ、ジャワ、タイ、インドネシア、ベトナム、ラオス 

主成分      バニリン、桂皮酸エステル(スマトラ)、

     安息香酸エステル(シャム)

 

 

 

ノート/ブレンドファクター

 ベース / 1

 

香りの特徴

 甘くバニラに似た香り

 

主な特性

 

 リラックス作用

 (緊張した神経を鎮める)

 呼吸器系への作用

 (咳、喉の痛みに)

 スキンケア

 (肌の炎症を抑え、乾燥し固くなった皮膚のケア)

 

 

 溶剤抽出法によって得られる花の精油は「アブソリュート」と呼ばれますが、原料が樹脂である場合には「レジノイド」と呼ばれます。この樹脂は、植林後、7年を経ると刻み目から分泌される樹液を採取して得ることが出来ます。

 

 

 インストラクター試験にはよく出題される精油の一つです。「エゴノキ科」「レジノイド」「溶剤抽出法」「樹脂」という特徴的な言葉が多いですね。

 

 

 東洋では何世紀にも渡って香と薬の両方に使用してきました。中国の医師は、寒湿症と診断する呼吸器系と泌尿器系の疾患に処方していました。これは、ベンゾインの抗感染作用を利用したもので、膀胱炎や尿道炎にも有効です。また、慢性気管支炎や喘息、痛みを伴う咳やのどの腫れにはユーカリやティートゥリーとのブレンドが効果的です。

 

 中世ヨーロッパでは、「ガム・ベンジャミン」と呼ばれ、「フライヤーズ・バルサム」の主成分として知られていました。固くひび割れた皮膚に塗られたり、呼吸器系疾患には蒸発させて吸入されました。

 

 鎮静作用と癒傷作用があるので、あかぎれ、しもやけ、切り傷などにベンゾインのハンドクリームを使うとよいでしょう。クリームを塗った手で顔を覆いゆっくりと深呼吸すると、甘いバニラの香りに包まれてアロマテラピー効果もあります。

 他にはフランキンセンスなどもハンドクリームにはオススメですよ。

 

 心身が混乱して落ち着きと統合が必要な時に役に立ちます。祈りの時にこころを安定させ集中させるので、仏教寺やヒンドゥー教寺院で焚かれる香には大切な成分の一つとなっています。