胃腸炎には薬がないので・・・

ノロウィルスとかロタウィルスとか、

イヤな季節になりましたね。


今年は新型のウィルスだそうで

大流行の兆し。


小さいお子様がいらっしゃるご家庭は特に心配ですよね。

うちも、手洗い・うがいは必ずするように声をかけていますが、

なかなか子どもたちは言うことを聞かず、困っています。


◆薬がない時のつらい症状に

冬に流行る胃腸の病気はたいてい特効薬がありません。


悪いものを出し切るまでどうしようもない。

水分を補給し、脱水症状にならないように気をつけるくらいしか

できることがない、という場合もあります。


でも、おなかも痛いし、

吐き気もするし、で本当につらいですよね。


そんな時に使ってみ欲しいアロマ。


ミント系のアロマです。


私はペパーミント、もしくはアルベンシスミント

オススメしていますが、

香りの好みによってはスペアミントもいいかもしれません。


これらのアロマには、吐き気を和らげたり、

胃腸の調子を整えたりする働きがあります。


症状そのものを治すことはできませんが

気持ちの悪さが和らぐだけでも

少しは楽になるのではないでしょうか。


※ただし、普段は好きな香りでも

体調が悪い時には心地よく感じないこともあります。

くれぐれもご注意ください。


 

【ペパーミントの効能】

 

ミントはたくさん種類がありますが、一番ポピュラーなミントかと思います。

 

l-メントール(ミントのスースーする成分ですね)が主成分なので、使い方としては痛み止めが一番良いでしょう。

 

頭痛、胃痛、筋肉痛などあらゆる痛みに有効です。

 

また、冷却作用もあるので塗るとひんやり。夏のお風呂とかシャンプーなどにもいいんですよ。

 

一家に1本あると便利な精油です。



こんな時にはどんなアロマがいい?

メディカル的な使い方をお伝えするメルマガ

『もっと楽しむメディカルアロマ』

好評配信中です♪

お申込はこちらから。

Welcome!

 

 

 

 

 

∴ LAST UPDATE

 2017/9/25

 エッセンシャルオイルガイドに「シダー」を追加しました。

 

メルマガ登録・解除
もっと楽しむ!メディカルアロマテラピー~上手にセルフケア
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ